未分類

職場のお土産は質より量です【こんなお土産もどう?】

休みをもらって旅行に行ってきた!

「職場へお土産を買っていきたいけど、どんなのにしたらいいのかな」と悩んでる方いませんか?

この記事を見ればどんなお土産にするか決まるかも!

 

私は看護師8年目。病院勤務は看護学生時代入れて14年目。

現在も病棟にて勤務しています。

看護師の職場は人数も多く年齢も幅広い、激務であり変則勤務だったり女性が多く働いていたりと環境は特殊だと思います。

そんな、職場にはこんなお土産がいいかもです。

職場のお土産は質より量です

職場のお土産はズバリ質より量です!

地域によって有名で美味しいお土産はたくさんありますよね。

例として・・・

北海道の「ROYCEの生チョコレート」

山梨の「信玄餅」

福岡の「博多通りもん」

沖縄の「紅芋タルト」・・・

(例は私の好みばかりですが・・・)

これ以外にも美味しい物が各地方に本当にいろいろあります。

しかし、有名で美味しいお土産って一箱の中身が少なかったり、お値段が結構したりしませんか?

「病棟の人数考えたら、これが6箱も・・・」

などと考えると、せっかくの楽しい旅行や羽を伸ばしていた帰省が台無しです。

お土産にはいろいろな種類がありますよね。

1つ1つ小包装されているおまんじゅうやお煎餅とか、大袋に入ってるクッキーとか。

いろいろはタイプで売られています。

 

看護師の職場は、病院の規模にもよりますが大体人数が多いです。

また、夜勤業務があったりと変則して勤務している場合も多いです。

そのため、量がある方が職場内スタッフに行き渡り安いです。

 

私も就職して、初めて病棟のお土産にめちゃくちゃ悩んだのを覚えています。

上記に書いたような有名なお土産は、やはり結構高い上に人数を考えたら何箱も買わなくてはなりません。

お財布も旅行から帰るときや病棟に持っていく時もキツイです。

ここで一つ。

意外とお土産の質はみんな求めていません。笑

確かに美味しい物であれば、みんなテンションは上がります。

けれども、お土産を食べれなかった時の方がテンションが下がります。意外とショックです。

「持ってきた日にすぐになくなってしまって、夜勤者や次の日勤務のスタッフが食べれなかった」

なんて事件が多く発生しています。笑

看護師は体力業務や頭を使う仕事であり、また、精神的にもストレスが溜まる仕事です。

朝出しておけば、夜勤明けのスタッフも食べたり、残業も多いためお腹が空くんですね。

甘い物でもしょっぱい物でもあっという間です。

特に甘い物、糖分はみんな欲しがるので・・・

なので、有名なお土産もいいですが、無理をせずたっくさん量の入ったお土産を選んだ方が喜ばれます!

 

こんなお土産もどう?

お土産で量で選ぶのはわかったけど、定番のお土産以外に何かいいのないのか?

という疑問を持っている方!

こんなお土産はいかかですか?

ご飯のおとも

ふりかけや佃煮など、ご飯にピッタリな地域ならではのものってありますよね。

それをお土産にすると結構喜ばれます。

職場によっては食堂があるところもありますが

休憩室でお弁当を持ってきて食べたり、職場でお弁当を頼んだりしているところは特におすすめです。

保存もできますし、美味しいし、何よりあんまり被らないので喜ばれます。

さーち
私は以前の職場が、休憩室でお昼をとるため、みんな昼食持参もしくはお弁当を注文して食べるスタイルでした。

なので、ふりかけや佃煮、お新香系はかなり喜ばれました。

飲み物やスープ

さすがに缶などは人数買って持っていくのはキツイので・・・

お土産コーナーを見ると

飲み物であればティーパックや粉末になっている物や

スープであればお湯入れてすぐにできるのもなど

意外と売っています!

それらにもご当地ならではの物があります。

休憩中に少し飲むのにっぴたりですよね。

そしてなんと言ってもこれも被りずらい。

さーち
私もは自分で買って行ったことはないのですが、同僚のお土産でお茶フリーズドライのスープなど頂いたことありますが、美味しかったしお昼休憩や夜勤中のほっと一息着くのにすごくいいなーって思いました。

まとめ

さーち
いかがですか?

お土産で浮いたお金で美味しい物を食べたりした方が充実しますし、楽しいですよね。

お土産コーナーの試食などをして、楽しみながら買い物していきましょう。

病棟のお土産に悩んだりした経験がある方の参考になれば嬉しいです!

 

  • この記事を書いた人

さーち

さーち(妻)です。たーち(夫)に誘われブログの世界へ。 看護師やりながら、大好きなたーちと愛犬と共に幸せLIFE♡ 毎日笑顔で頑張っています。

-未分類
-, , , ,

© 2020 さーたーMAGAZINE