不妊治療

生理不順は放っておくな。

現在私は不妊治療しています。

2018年9月から本格的に治療開始しました。

治療開始からちょうど1年後の

2019年9月に稽留流産し手術も経験しています。

 

今も治療中です。

そんな私の経験や知識を載せていきます。

 

なんと言ってもこれ!

 

生理不順は放っておくな!!

 

婦人科に行った記憶

 

私の記憶では、中高生の頃から3ヶ月来ないこともよくあるような生理不順でした。

生理痛も酷く、産婦人科に薬をもらいに行った記憶もあります。

 

妊婦さんに囲まれて、明らかに幼い私。

周囲の目がすごく恥ずかしく、

後ろで話してる夫婦のこそこそ声の

「高校生じゃね?妊娠しちゃったとか。ありえねー」という会話。

聞こえてますよ。

 

この経験から、産婦人科を敬遠しはじめてしまった。

 

その後の思い込み生活

 

生理痛は市販のロキソニンやEVEを飲みまくり、

生理が遅れていても「思春期はホルモンバランスの崩れで遅れがちになる」というネットの情報を信じ込み、

専門学校に進学しても、仕事と学校で忙しいからしょうがないと思い込み、

就職しても、環境の変化でストレスがあるからホルモンバランスが崩れているんだと思い込み、

結果的に生理不順を放置していました。

 

再度婦人科にいくきっかけ

社会人になって3年ほどたち、

仕事にも慣れはじめて、色々仕事も任されるようになったころ。

生理痛が辛いことと生理不順が続いていることが気になりはじめました。

夜勤もやっていたため読めない生理周期が悩みでもありました。

’’生理周期を整え、生理痛も軽くなる’’と、ネットでみたのは低容量ピル。

処方には婦人科受診が必要。

婦人科にはいい思い出がない・・・

でも、将来子供も欲しいと思っていたので勇気を出して近くの婦人科に行くことにしました。

 

そこで診断されたのは・・・

勇気を出して行った婦人科。

ドキドキしながら初めての内診や血液検査などを行い診断されたのは

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

エコーの写真ではリングのように卵胞が写っていました。

不妊の原因にもなるけど、今すぐ妊娠希望じゃないならピルで生理痛も生理周期も整えられる。

妊娠したくなったらピルを飲むのをやめれば大丈夫。

ピルで生理周期が整えばPCOSもよくなることもある。

と、先生に言われました。

 

待合室で感じたこと

(産)婦人科は初めて行った印象とは違いました。

大人になっていた(当時は16・17才くらい)というのもあるけど、

中高生らしき人も、母親とちらほらきていたのも見かけました。

診察後の待合室で思ったことは、

先生に言われた’’不妊’’の二文字。

もっと早く病院に言ってたら何か変わったのかな?

 

でもこの時はピルをやめれば妊娠できるという言葉を信じていました。

まさか自分が不妊治療をするなんて思っていませんでした・・・

 

本当に生理不順は放っておいてはいけません。

私みたいに診断されるかもしれない。

1日でも早く治療するのに越したことはありません。

あなたの生理周期は安定していますか?

家族の生理周期はどうですか?

  • この記事を書いた人

さーち

さーち(妻)です。たーち(夫)に誘われブログの世界へ。 看護師やりながら、大好きなたーちと愛犬と共に幸せLIFE♡ 毎日笑顔で頑張っています。

-不妊治療
-, , , ,

© 2021 さーたーMAGAZINE