看護師

看護師〜先輩との関わりはこの一言から始めよう〜

看護師として働く中で誰しも必ずぶち当たるのが

先輩との関係。

ズバリどこの病院にもある一定数の先輩に対して

「関わり辛い」

「話しかけづらい」

などの気持ちを抱くことがあるのではないでしょうか。

 

看護師9年目。急性期の病院で働いている私もあります。

何年働いても、場所を変えてもいるのです。

諦めましょう。笑

しかし、少しでも関係性を良好にする方法はあります。

私が実際に体験したことなどを踏まえてコツを紹介します。

 

挨拶をしっかりする!

社会人としては当たり前かもしれませんが、

これは必須です。

苦手・・・

話しかけづらい・・・

と言って挨拶をおろそかにしたり、はっきり言わないと印象がもっと悪くなります。

挨拶されて嫌な気持ちになる人はいません。

「おはようございます!」

「お疲れ様です!」

この二言だけでも十分。

きちんと聞こえる声でしっかりと挨拶です!!

大体返答してくれます。

 

それと、返答がなくても気にしない!

周りの人は必ずのその姿をみています。

 

飲みに行こう!!

仕事とプライベートでは

全く雰囲気も態度も違う可能性もあります。

そしてお酒が入ると人は変わります笑

話してみたら意外と気さくで話しやすかった

あんなノリの人だとは…笑

などなど。

いい意味でギャップがあり親しみや親近感が湧きます。

看護師という仕事は責任感や看護観など

同じ仕事をしていても個々の考え方が大きく違う

特殊な仕事だと私は感じています。

そのためプライベートになれば距離感が縮まることもあるのです!

ただ、、、

このご時世だと難しいですね、、、

 

気にしない!!

え?解決策じゃないじゃん!!

って思うかもしれませんが、、、

最初に書きましたが、どこにでもいるのです!!

人間なので合う合わないがあるのはしょうがないのです。

挨拶もちゃんとしているのに

理不尽な態度をとられるのであれば

それはちゃんと周りの仲間がみています。

「考え方が違うからしょうがない」

「こういう考え方なんだな」

など、相手の考え方を理解しようとしてみましょう!

そして、それでも苦手なのであれば

気にしない!

無理に関わらない!

これが一番です!!

 

いっそのこと転職だ!!

私たちは

患者さんを看るという仕事をしています。

ただでさえ責任感も緊張感も高い

ストレスフルな仕事なため

人間関係でさらにストレスをかけるなんて辛すぎます。

 

どうしても人間関係があわないのならば

いっそのこと環境を変えるもの一つです。

異動でもよし。

転職でもよし。

せっかく看護師になったのです。

看護師の仕事を楽しくできる職場を見つけてほしいと思います。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

さーち

さーち(妻)です。たーち(夫)に誘われブログの世界へ。 看護師やりながら、大好きなたーちと愛犬と共に幸せLIFE♡ 毎日笑顔で頑張っています。

-看護師
-, , , ,

© 2021 さーたーMAGAZINE