不妊治療

子宮鏡検査やってきました。

不妊治療検査の一つに

子宮鏡検査

というものがあります。

簡単に言うと

子宮内を内視鏡のカメラで見る検査

です。

 

先日検査をしました。

子宮鏡検査受けてみた様子を伝えます。

 

そもそも子宮鏡検査とは・・・?

細い内視鏡(私が受けた病院では直径約2mmほどの内視鏡)を

子宮内に挿入して内部を直接観察する検査。

子宮筋腫やポリープなどの子宮内の異常や

卵管の入口が閉塞していないかなどがわかるそうです。

 

検査の予約

生理3日目に受診し検査の説明と日程をたてました。

なんでもこの検査は

子宮内膜が厚くなっていたり

妊娠している可能性がある時にはできないみたい。

そのため、生理終了してすぐの検査が一番望ましいとのこと。

私の場合生理開始から終了まで

大体6〜7日間のため

確実に終了しているだろう生理開始から9日目に検査をすることに。

説明を受けて同意書をもらう。

同意書には旦那のサインを書く欄もありました。

検査当日の食事や水分の制限はなく

検査後に少量の出血や検査で使う生理食塩水が出る可能性があるとのことで

ナプキンや生理用ショーツを持参とのこと。

 

いざ検査へ

さーち
正直ドキドキ。

流産で手術した時の子宮口を広げる処置が痛すぎて 子宮に入れるというとこは、、、と

あの時の痛さをイメージしてしまっていた、、、。

 

同意書を持って

ナプキンを持って

いざ病院へ。

 

受付後にトイレを済ませて待合室へ待機。

さーち
私はこのタイミングでナプキンを下着にセットしました。

ちなみにトイレは検査前に必ず済ませておきます。

検査中に排尿してしまうと感染の可能性も、、、。

それに膀胱と子宮は近い位置にあるので

排尿しておかないと見にくなったりもするのかな?

 

診察室へ呼ばれました。

内診台へ。

カーテンで閉じられてるので

何をされてるかは見えませんでした。

カチャカチャと金属の音がし

(多分、、、)クスコ(膣を広げる道具)で膣を広げ

子宮口を消毒。

膣を広げた時は冷たい感覚と少し膣にズンとした違和感のみ。

子宮口の消毒はなんとも言えない違和感。

痛くはないけど下腹部がズーンとなる直前というか、、、

うまく表現出来ないけど、とにかく違和感。

そして生理食塩水を流しながら

内視鏡が子宮内に挿入された。

痛くはない。

痛くはないけどすごく違和感。

私の場合恐怖もあったからか

お腹の辺りの服を無意識にぎゅーーっと握って

マスクの中で唇も噛みしめてた。

でもなるべく下腹部に力は入らないように。

力入れたら痛くなりそうで怖かったから。笑

内視鏡を動かしているのが何となくわかる。

生理食塩水で子宮内を膨らまして見るみたいだけど

これがまたあの痛さよ。

 

生理痛。

生理痛の下腹部と腰のずーーんとした痛さ。

あれと全く一緒。

すごく嫌な感じ。

 

検査は5分くらいだったかな。

 

検査結果は子宮内も卵管口も異常なし。

抗生剤の処方をもらい帰宅です。

さーち
ちなみに検査は、薬代もいれて¥2980でした。

不妊治療していると、保険がきく処置や検査がすごく安く感じる・・・

 

検査後は?

日常生活は制限なく、普通にすごせます。

私は仕事は休みで行いましたが

万が一仕事でも問題なくできそうな感じ。

 

でも、検査後も生理痛のような感覚は残る。

私は2日間くらい残ってたかな。

感染予防のため抗生剤を2日間内服。

 

以上。

子宮鏡検査についてでした。

どんな検査か不安なことも多いとおもうので

参考になったらうれしいです!

 

 

  • この記事を書いた人

さーち

さーち(妻)です。たーち(夫)に誘われブログの世界へ。 看護師やりながら、大好きなたーちと愛犬と共に幸せLIFE♡ 毎日笑顔で頑張っています。

-不妊治療
-, ,

© 2021 さーたーMAGAZINE